original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

Essential 小動物の手術手技 Case Based Approach:犬の上気道狭窄への外鼻孔再建と軟口蓋切除手術

¥4,400 税込

※こちらはダウンロード商品です

ecba-021-dog-upper_airway_constriction.htm

651Bytes

Essential 小動物の手術手技 Case Based Approach 「犬の上気道狭窄への外鼻孔再建と軟口蓋切除手術」 ●内容 最近、英国を中心にBOAS:brachycephalic obstructive airway syndrome:短頭種の上気道疾患の情報が積極的に発信されています。獣医学ベースのこれらの情報は、この疾患への対策を考えるうえで有用であり、その発症や進行をコントロールすることが重要であることを伝えています。英国でのプロジェクトからの今年5月の最新の報告では、プライマリケアの獣医病院に来院したBOASの有病率が41.1%であり、早急に積極的な対策が必要であることを示しています。  BOASは先天的な鼻孔狭窄と軟口蓋過長を基盤病態とし、治療がなされない場合には、喉頭、気管、喉頭周囲の筋群やシステムが経時的に破綻していく進行性疾患です。前述の報告は、臨床医は、BOAS患者の呼吸器を精査して、有用なすべての治療を受けられる機会を提供することが重要と結んでいます。  今回はフレンチブルドックの鼻腔狭窄と軟口蓋切除のmovieをお届けします。いずれの手術もさまざまな術式が報告されていますが、現時点で個々の手技の優劣を決定する確実な情報はありません。Movieでは個人的には最もスタンダードな方法と考えている、尾翼の楔形切除に若干のアレンジを加えた手技を、軟口蓋切除では、これもおそらく最も標準的な手法だと思いますがcut and sew techniqueと呼ばれている手技を解説しながらお届けします。プライマリーの獣医師として、この疾患を持つ多くの短頭種に有用なすべての治療を受ける機会を提供してあげてください。 中島尚志 【Outline】 Introduction  ・上気道狭窄:BOASの概要  ・軟口蓋過長症の手術  ・外鼻孔狭窄への再建手術  ・Equipment Movie  ・軟口蓋部分切除  ・外鼻孔再建手術:左  ・外鼻孔再建手術:右 ●動画 約50分 ●発売 2022年8月26日 ●対応デバイス 購入後、リンク先が書かれたファイルをダウンロードできるのはWindows、MacintoshなどのPCおよびChromebookのみとなります。 ●視聴期間 動画視聴期間はご購入後6ヵ月とします。 ●年齢制限(Googleアカウント必要) R18指定。YouTubeの仕様により、血液が写っているものや手術シーンが含まれた動画はR18指定となります。18歳未満の方はご利用になれません。18歳以上の場合はGoogleのアカウントを取得しておく必要があります。すでにお持ちの場合はそのままご視聴できます。 ●使い方 ご購入いただくと、ビデオセミナー閲覧ページへのリンクが書かれたファイルをダウンロードできるようになります。適当な場所にダウンロードしていただき、ダブルクリックでビデオセミナー閲覧ページにジャンプできます。ダウンロードファイルをブラウザにドラッグアンドドロップしていただいても閲覧できます。 ●領収書 HJSストアはカード決済のみの対応です。そのため、二重発行を防止する観点から原則的に領収書の発行は行っておりません。 クレジットカード会社が発行する利用明細が領収書の代わりになりますので、申告などにはそちらをご利用ください。 立て替え請求などで必要な場合のみ発行いたします。 必要な場合は購入時の注文番号、メールアドレスの他、領収書の宛名を明記の上、HJS事務局までメールでお送りください。 但し書きは「映像視聴料」とさせていただきます。 ●ご注意 上記ファイルをダウンロードできるのは、Windows、MacintoshなどのPCおよびChromebookのみです。スマートフォン、タブレットなどのデバイスは制約により、当ストアから直接ダウンロードすることができません。予めご了承ください。 ダウンロードしたファイルをスマートフォンやタブレットに転送すれば閲覧可能な場合もあります。スマホやタブレットで閲覧したい場合はお試しいただけます。ただし、スマートフォンやタブレットでの動作は保証いたしません。また、キャリアの通信環境での動画閲覧は、大量にパケットを消費します。Wi-Fi環境が整った場所での使用をお勧めします。

セール中のアイテム